買取の流れ

DVDの買取業者を利用する場合、店に行く場合は直接売りたいDVDを持って、後は身分証明書と印鑑があれば問題ありません。レジに行ってDVDを売りたいと伝えれば、査定を行ってもらえます。出張買取を行う場合には、まず売りたい店まで出張してほしいと連絡をしましょう。指定の日にちと大体の時間を告げれば、あとは来るのを待つだけです。このように店まで直接行く方法や、出張買取は誰でも簡単に利用できます。

ダンボールでは、宅配買取の場合にはどのような流れでDVDを売るのでしょうか。主な流れは業者によって多少変わってきます。たくさん売りたいDVDがある場合には、ダンボールなどの資材を無料で配布してくれる業者を利用するのがよいでしょう。ちなみに、DVD買取を行っている≪買取王子≫では、最大5箱まで無料で配布しています。届いたらダンボールに売りたいDVDを詰めて、指定の業者に連絡をして集荷の依頼をします。数が少ない場合には、直接コンビニなどを利用してもよいのですが、集荷の業者が指定されていることも多いでしょう。

このような場合には、指定の業者でなければ着払いができなくなります。査定が終わったらメールや電話で結果を伝えてくれるので、問題がなければ振込先を相手に教えて振り込んでもらいましょう。これで取引が完了になります。配送時には身分証明書を一緒に入れておかないといけません。


買取の方法

DVDの買取を行う方法というのはいくつか存在しているのですが、最も一般的な方法としては、直接DVDの販売店まで持っていくという方法でしょう。この方法は、店まで行く手間や交通費はかかってしまうのですが、その場で査定を行ってくれるので、すぐ現金に換えてもらえるというメリットがあります。ただし、近くにDVDの買取を行っている店がない場合には遠出することになってしまうでしょう。

運送業者次の方法は出張買取という方法なのですが、これは業者が直接自宅まで来てくれて、その場で査定を行ってくれるという方法です。この方法は一切交通費はかかりませんが、業者によっては出張料を取ることもあります。やはりその場で査定を行ってくれるので、すぐにお金に変えられるというのがメリットでしょう。ただし、出張エリアは比較的狭くなっているので、エリア外に住んでいる人は利用できません。最近メインになりつつある買取方法が、宅配買取という方法です。運送業者を利用して、直接会社のあるところまで配送するというシステムになっています。エリアがとても広いですし、送料を取られるケースも少ないので、利用者が増えていると言えるでしょう。ただし、金額に納得がいかずに配送し直してもらう場合には、送料を取られることがあります。また、売ったお金を振り込んでもらうまで時間がかかります。


DVD買取業者

DVDいらなくなったDVDは、そのままゴミに出して処分してしまうという人もいるでしょう。キズだらけで再生できない状態になっている場合などであれば処分するのも仕方がありませんが、まだ普通に再生できるのであれば、処分する前に買取依頼ができないか確認してみるべきでしょう。DVDの場合には、あまり古すぎると買取をしてくれない場合もあるので、よい業者が見つかったら問い合わせをしてみるとよいでしょう。よく公式サイトに高額買取のDVD一覧が明記されていることがあります。

この一覧に記載されていれば、間違いなく買取ができるでしょう。しかし、高額買取できるDVDというのは、通常は発売されてからそれほど日数が経過していない物が多くなっています。だからこそ事前の問い合わせが必要になってくると言えるでしょう。また、業者の評判もきちんと調べておかないといけません。ホームページ上には高額買取と書かれていても、実際配送をしてみると、タダ同然の価格しか付けてくれないという業者も残念ながら存在しています。

しかもこのような業者は、買取金額に納得がいかないから送り返してほしいというと、送料を請求してくることもあります。だからこそ評判を確かめてから買取依頼をしないと、逆に出費をしてしまうことにもなるのです。持ち込みでの買取や、出張買取であればその場で査定してくれるので、このようなトラブルはありません。当サイトではDVDの買取業者についての流れをいろいろと知ってもらうために記載しております。